Scalp care

まずは、地肌を考えることから

正常なとき 崩れたとき
正常なとき 【対応】
A. 過度な回数の洗浄、擦りすぎの洗浄
B.パラペン、フェノキシエタノール無添加
C.シリコンや高分子体、カチオン系(板状)の無添加※
D.幹細胞ケアによる抗炎症と良質角質の育成
E.低刺激性の徹底
F.エキスパートスタイルの併用
※一部のナノ化にリピジュアのみ使用しています。
崩れたとき 【原因】
A.洗いすぎ
B.パラペン、フェノキシエタノールなどの防腐剤
C.シリコンや高分子体、カチオン系(板状)の多様
D.老化による
E.化粧品自体
F.生活習慣
正常なとき

ヒトの身体にいる常在菌の数は膨大で腸内で100兆個、皮膚には1兆個以上いるとも言われています。ヒトの体60兆個の細胞でできているので、どれほど多くの菌と共生しているかがわかります。

■ 天然の保湿(脂肪酸、グリセリン)
■ 紫外線の抑制
■ 活性酸素の分解
■ 抗炎症(他の菌への防御)
■ 抗アレルギー
■ 抗脱毛
崩れたとき

常在菌としてはプロピオニバクテリウム属(アクネ菌もこの一種)や表皮ブドウ球菌、黄色ブドウ球菌、マラセチアなどがあります。2009年のサイエンス誌に掲載された論文では205種類が同定されています。

■ 乾燥、フケ
■ 紫外線による老化促進
■ 活性酸素による老化
■ 炎症、シミの増加
■ アレルギー性物質への免疫低減
■ 脱毛
  • 【表皮ブドウ球菌】天然クリームを作る美肌球菌

  • 【黄色ブドウ球菌】アレルギーの素因となる菌

  • 【アクネ菌】PHを弱酸性にすると共にニキビの原因

最新の幹細胞サイエンスを応用する

本来のあるべき姿へと誘う

リアムールの皮膚改善(エイジングケア)最新理論

日中の頭皮環境を整え、養毛を促進させる

秘密は再生医療にも使用されている幹細胞サイエンス

美髪とSTYLEの維持、促進

幹細胞養毛ケア

×

コンセプトページは専門職向けとなります。
掲載データは原料においての説明であり、効能、効果を保証するものではありません。
また、薬事法に触れる可能性がありますので無断で複写、転載、複製、データファイル化することを禁止します。
なお、全ての商品に対して、サリチル酸、グリコール酸などのお肌の負担になる成分、パラペン類、フェノキシエタノール、エタノール類は配合しておりません。